<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ナゾの深海魚、日本海沿岸に続々漂着(読売新聞)

 深海魚リュウグウノツカイが今冬、富山、石川県などの日本海沿岸で相次いで見つかっている。

 全長が5メートルを超え、生態はほとんどわかっていない謎の多い魚。富山県魚津市の魚津水族館は、同県黒部市の海岸に漂着したものをホルマリン漬けにして展示している。

 富山県では昨年12月以降、定置網で捕獲されたり、海岸に漂着したりするなど4匹が見つかっている。石川県では昨年11月以降、十数匹が見つかり、京都や島根、長崎などでも発見されている。地元では、漁業関係者の間で話題となっている。

 魚津水族館は、これほど相次いで見つかったとの報告例はないといい、「海から陸への風が強い時期に漂着している。なぜ集中しているのか分からない」と首をかしげる。

 金沢市のNPO法人職員内藤善太さん(34)らは、試食に挑戦した。石川県羽咋市の千里浜海岸で見つけた体長約4メートルのものをソテーにして食べた。内藤さんは「脂の塊みたいな味でおいしくなかった」と話している。

 ◆リュウグウノツカイ=アカマンボウ目リュウグウノツカイ科の深海魚。体長は5メートル前後で、大きいものでは10メートルほどになるという。平たい体に長い腹びれと背びれがあり、水深200〜1000メートルに生息している。姿を現すと、「地震の前触れ」との言い伝えもある。

関東の水俣病未認定患者が提訴=国などに賠償請求−東京地裁(時事通信)
社民、九州案を提示へ=普天間移設(時事通信)
内閣人事局、4月に新設=公務員法改正案を決定−政府(時事通信)
<脱税容疑>クレディ・スイス元部長が1.3億円 国税告発(毎日新聞)
花粉症による精神的負担、「10万円以上」が14%(医療介護CBニュース)
[PR]
by kum4e0nfla | 2010-02-27 16:29

日大入試で採点ミス 93人が追加合格(産経新聞)

 日本大学(東京都千代田区)は19日、同大経済学部の一般入試で採点ミスがあり、受験者計93人を誤って不合格にしていたと発表した。93人については再度、書面で合格通知を出すなどしたという。

 同大によると採点ミスがあったのは2月5日に実施された同学部の国語の試験で、4つの選択肢から文章の空白部分に最も当てはまる言葉を選ばせる問題。正解は選択肢「4」だったにもかかわらず、「2」を正解として処理した。

 この問題は100点満点中3点の配点。同月8日に同大が設置した「入学試験問題作成委員会」の委員から採点ミスの指摘があったが、この問題を作成した同大教授が合格発表日から3日後の同月17日にミスを認めたため、合格するはずだった93人が不合格となる採点ミスに発展した。

 同大では「チェック体制を見直し、再びミスのないよう努めたい」と話した。

【関連記事】
私立高合格、ネット発表1割の理由とは… 掲示板復活も
試験会場までヒッチハイク300キロ! 列車運休も根性で合格 埼玉の女子中学生
高木美帆、高校に合格内定「ほっとしています」
立教大が出題ミス 理学部の化学入試で物質名誤記 「酸」が抜けていた 全員正解に
高校入試の調査書に別人の内容 松本の中学校、担任の転記ミス

<職場の受動喫煙>「状況みて議論」長妻厚労相(毎日新聞)
「やったぞ」地元沸く…長島「銀」・加藤「銅」(読売新聞)
北教組の深い闇 選挙活動、指導要領否定…諸悪の根源「46協定」とは(産経新聞)
<ブランド米>六本木ヒルズで「龍の瞳」栽培 岐阜・下呂市(毎日新聞)
トヨタ社長の対応に苦言=米公聴会出席めぐり−前原国交相(時事通信)
[PR]
by kum4e0nfla | 2010-02-26 06:45

京浜東北線と山手線外回り、一時運転見合わせ(読売新聞)

24日午後4時38分頃、JR京浜東北線の品川駅で人身事故が発生した。

 この影響で、同線は大宮―大船駅間の全線で運転を一時見合わせているほか、JR山手線の外回りでも運転を一時見合わせた。

<普天間移設>民主沖縄県連、県内移設反対を強調(毎日新聞)
<普天間移設>シュワブ陸上案に防衛相意欲 福島氏ら反対(毎日新聞)
藤田まことさん死去 逆境にも涙をのんで仕事人(毎日新聞)
高円寺駅の救出劇、勇気の会社員「奇跡と実感」(読売新聞)
<五輪スピード>高木美帆選手を同級生ら地元で声援(毎日新聞)
[PR]
by kum4e0nfla | 2010-02-25 00:57

エンジン「高出力」不正改造 兵庫県警、容疑で3業者捜索(産経新聞)

 無認証で車両のエンジン交換作業などの不正改造をしていたとして、兵庫県警は19日、道路運送車両法違反容疑で、同県伊丹市南本町の自動車整備会社「Z−SPEC(ジースペック)」など3社を捜索した。

 同法は車の主要部分の分解整備は地方運輸局長の認証が必要と規定。県警は、無認証の業者らが過剰に速度が出る高出力エンジンに交換するなどした不正改造が暴走行為を助長しているとみて、実態解明を進める。

 捜索容疑は、分解整備事業の認証を受けず、平成20年11月〜21年2月、乗用車のエンジンを取り外して高出力エンジンに載せ換えるなどしたとしている。

 県警によると、伊丹市で昨年5月、70代の男性がひき逃げされて死亡する事故を起こした車両が、無認証業者で改造されていた疑いがある。

【関連記事】
ドリフト親分を逮捕 幕張メッセ付近で暴走
改造バイクで集団暴走、6人を逮捕
ワンマン用改造の影響、配線損傷し戸開走行 JR日豊線トラブル
飛び道具とは「危険」なり
陸自隊員が改造車で“暴走” 大阪府警が逮捕

<無理心中>水頭症の長女を絞殺し父自殺か 愛知・小牧(毎日新聞)
党首討論 「与野党機関設置に賛成」政治とカネ巡り首相(毎日新聞)
「普天間」緊密に連携を=沖縄知事と初会談−稲嶺名護市長(時事通信)
両陛下の公務日程、官報に誤掲載=国立印刷局のミスで−宮内庁発表(時事通信)
【いきいき】NPO法人フード・サイエンス・ファクトリー代表 佐々木ゆりさん(産経新聞)
[PR]
by kum4e0nfla | 2010-02-23 20:44