<口蹄疫>「終息宣言」受け えびの市内で田植え準備(毎日新聞)

 宮崎県えびの市は「えびのひのひかり」などの銘柄で知られる県内有数のコメどころ。今年も約1400ヘクタールを作付けする予定で、口蹄疫(こうていえき)の終息を受け、堆肥(たいひ)を田んぼにまく農家も出始めた。10日ごろから田植えが始まる。ピークは20日ごろの見込み。

 家畜のふん尿を堆肥化して田んぼにすき込む農家も多いが、移動・搬出制限区域では牛や豚の堆肥の散布と区域外への持ち出しが禁じられていた。

 市内西長江浦の赤川二千男さん(69)は、既に1回目の代かきを終えた。家畜はいないため例年、堆肥は購入している。田植え直前の今は散布予定はないが「口蹄疫が終わってホッとした」と話していた。【木元六男】

在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<ザ・コーヴ>出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
【ゆがむ郵政「改革」】生田正治・元郵政公社総裁に聞く「政策議論を深めて」(産経新聞)
小児心臓移植、候補に6施設=7月施行前に―関連学会協議会(時事通信)
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故(産経新聞)
[PR]
# by kum4e0nfla | 2010-06-11 20:19

<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪問(毎日新聞)

 【済州島(韓国)西岡省二】鳩山由紀夫首相は30日、訪問先の韓国・済州島で記者団に、口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大している宮崎県を近く訪問する意向を示した。首相は「農家をはじめ地域のみなさんへの激励も込めて、一度うかがうべきだと思っている。(特別措置法も成立し)政府としても万全を期していくというメッセージも直接、お伝えしたい」と語った。

【関連ニュース】
口蹄疫:赤松農相が5月30日に2度目の宮崎入りへ
口蹄疫:特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く
口蹄疫:宮崎県の補償額400億円 ワクチン接種の牛と豚
口蹄疫:宮崎県の種牛延命要望を批判 生産者全国組織
口蹄疫:行事中止相次ぐ「飛び火」警戒

<大地震>グラッときたら、まず避難 火の始末は揺れ収まってから 文科省が見直し報告書案(毎日新聞)
少女12人の裸撮影=英会話教室経営の米国人追送検―福岡県警(時事通信)
「岡本ホテル」捜索 「ファンドで運用」(産経新聞)
「消防車が見たかった」森林に放火容疑で男逮捕 栃木(産経新聞)
詐欺 小杉元文相の妻逮捕 架空投資話で八千数百万円(毎日新聞)
[PR]
# by kum4e0nfla | 2010-06-01 21:58

鉄球、水にプカプカ…特殊技術に注目(産経新聞)

 横浜市西区のパシフィコ横浜で開催中の、自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展2010」で、水にプカプカ浮かぶ鉄球など、特殊技術が来展者の注目を集めている。公開は21日まで。

 鉄球の内部が空洞で、強度は高い。衝撃吸収素材などへの用途開発が見込めるという。

 黒い球体は、車内の音源探査用などに開発された「3D音響カメラ」。ボディーの特性解析も3D映像に進化している。

【関連記事】
“ブラックボックス”弱点再び トヨタ「レクサス」不具合また電子制御
エコカーや米市場回復で攻勢 自動車大手8社、新興国好調
GM、グーグルと提携か 車載通信システムで 米紙報道
トヨタ社長「良質廉価な車が回復への近道だ」
地場業者の育成強化推進を提言 九経連の自動車部会

<地位乱用>岡山のスーパーを初の立ち入り検査 公取委(毎日新聞)
中国中間層へも観光ビザ=発給要件を大幅緩和―政府(時事通信)
和食中心の食事でうつ病予防? (産経新聞)
「消毒せずに農家を取材した」 フジテレビに宮崎県議怒る(J-CASTニュース)
<裁判員裁判>病気で弁護士遅刻 公判が1日延長 長野(毎日新聞)
[PR]
# by kum4e0nfla | 2010-05-26 17:27

振り落とされ59歳男性死亡=アパート侵入男の車追う―京都府警(時事通信)

 16日午前5時5分ごろ、京都府福知山市堀のアパート自室で寝ていた男性(38)が、室内に侵入した不審な男に気付いた。
 声を掛けたところ、男は近くに止めていた車で逃走。連絡を受けた近所の無職北野孝さん(59)が駆け付け、車の前に立ちふさがったが、車はボンネットに北野さんを乗せたまま約150メートル走り、振り落とした。北野さんは頭を強く打ち、病院に搬送されたが、午後4時すぎに死亡した。
 府警福知山署は殺人、住居侵入事件として捜査している。車は黒っぽい乗用車で、助手席にもう1人、男が乗っていた。2人とも20代とみられるという。 

【関連ニュース】
16歳高校生を強姦容疑で逮捕=アパートに侵入、32歳女性襲う
家族刺され2人死亡=3人重軽傷、30歳長男逮捕
「強盗」演じ、復縁図る=私立大生の男2人逮捕
住居侵入容疑で海自隊員逮捕=「空調工事に来た」と言い訳
闇サイトに「ネットハンター」=潜入捜査、違法行為を摘発

進む多床室併設、「国民年金では個室無理」の声−特養・個室ユニットの行方(1)(医療介護CBニュース)
アナリストに聞く製薬業界の動向(上)―酒井文義氏(クレディ・スイス証券医薬品シニア・アナリスト)(医療介護CBニュース)
民主、三宅議員負傷で自民・甘利議員に懲罰動議(読売新聞)
奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)
高額布団販売で7人逮捕=「上下セットで40万円」−大分県警(時事通信)
[PR]
# by kum4e0nfla | 2010-05-17 13:30

放鳥トキ、再び産卵か=新たなペアも確認−環境省(時事通信)

 国の特別天然記念物トキの野生復帰を目指し、新潟県佐渡島で2008年から放鳥された30羽(1羽死亡、1羽保護)のうち、1度卵を抱くのをやめたペアが再び産卵した可能性が高いことが30日、分かった。環境省によると、別のペア1組も新たに産卵した可能性が高く、産卵したとみられるペアは計4組となった。いずれのペアの卵も目視確認できていないという。
 同省によると、再び産卵したとみられるペアは、4月6日ごろに一度産卵したが、12日に巣から離れて卵を温めるのをやめた。25日ごろ、前回から南に約1.5キロ離れた地点で再び営巣を始め、30日から産卵時の特徴である雄と雌が交代して巣に座り込む姿が確認されている。
 これとは別に、新たに確認されたペアは08年秋に放たれた4歳雄と、09年秋に放たれた4歳雌。6日ごろから巣を作り始め、18日から巣で座り込んでいるという。 

【関連ニュース】
放鳥トキ、最後の卵捨てる=別のペアに繁殖の期待も
「連携不足で被害拡大」=トキ襲撃で報告書案
放鳥トキ、また卵捨てる=ふ化の可能性は残る
日本館初公開、評価いまひとつ=上海万博、開幕まで1週間
放鳥トキ、巣外に卵捨てる=残り2個はふ化の可能性

雑記帳 きもかわいい第2弾 青森ナマコ形お守り(毎日新聞)
鳩山首相、沖縄知事発言で「米国とどうのこうのならん」(産経新聞)
高校生の就職内定率90.2%=採用厳しく8.6%断念−日高教(時事通信)
<動物死骸遺棄>ペット葬儀業者を詐欺容疑で再逮捕 埼玉(毎日新聞)
<放鳥トキ>また卵捨てる 別の1個、まだふ化の可能性(毎日新聞)
[PR]
# by kum4e0nfla | 2010-05-01 00:13