<口蹄疫>「終息宣言」受け えびの市内で田植え準備(毎日新聞)

 宮崎県えびの市は「えびのひのひかり」などの銘柄で知られる県内有数のコメどころ。今年も約1400ヘクタールを作付けする予定で、口蹄疫(こうていえき)の終息を受け、堆肥(たいひ)を田んぼにまく農家も出始めた。10日ごろから田植えが始まる。ピークは20日ごろの見込み。

 家畜のふん尿を堆肥化して田んぼにすき込む農家も多いが、移動・搬出制限区域では牛や豚の堆肥の散布と区域外への持ち出しが禁じられていた。

 市内西長江浦の赤川二千男さん(69)は、既に1回目の代かきを終えた。家畜はいないため例年、堆肥は購入している。田植え直前の今は散布予定はないが「口蹄疫が終わってホッとした」と話していた。【木元六男】

在宅サービスの充実を強調―再任会見で長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<ザ・コーヴ>出演者が来日 「上映をお願いしたい」(毎日新聞)
【ゆがむ郵政「改革」】生田正治・元郵政公社総裁に聞く「政策議論を深めて」(産経新聞)
小児心臓移植、候補に6施設=7月施行前に―関連学会協議会(時事通信)
朝の地下鉄御堂筋線が一時運休4万人影響 大阪、駅で人身事故(産経新聞)
[PR]
by kum4e0nfla | 2010-06-11 20:19


<口蹄疫>鳩山首相、近く宮崎訪... >>